印鑑素材

素材 薩摩本柘
イメージ 本柘
説明 木製の印材としては古くから使われており、一般的な印鑑として広く愛用されています。密度が高く非常に硬い木のため、こまやかで繊細な彫刻に向いています。また柘には種類がありますが、この中に鹿児島県産の柘の原木から作られた薩摩本柘は高級品とされており、一般の柘の印材よりも更に繊維の密度が高く粘り強い材質で、柘独特の美しい木目をご堪能いただけるのは特徴です。
素材 茶彩華
イメージ 彩華(茶)
説明 彩樺は地球資源の枯渇を避けるために、真樺をフェノールレジンと呼ばれる樹脂を使い、高圧をかけて加熱処理をして作り上げた、最近注目されている素材です。一般の木材と比べて、硬度に優れ、キメも細かいので印材に向いています。
素材 黒彩樺
イメージ 彩樺(黒)
説明 真樺を加工してできていく、彩樺の黒い印材です。彩樺と同様の性質を持つ環境に優しいエコロジーな印材ですが、環境に優しいだけではなく、高級印材にも負けない性能を持っています。 永年の使用でも歪みやヒビ割れ、サイズの狂いが少なく変形や変色も少ない材料として注目されています。
素材 アグニ
イメージ アグニ
説明 アグニは耐久性や環境面で、印材は勿論、ホテル・レストランの等のドアノブ、御箸、装飾用材料、ボタン、工業用材料(重電部材)など幅広く使用されています。高圧処理の加工技術により、割れ、歪みなどの変形にも強く、また捺印性に至っては動物性の角、牙にも劣らない非常に優秀な印鑑材料といえます。
素材 牛角
イメージ 牛角
説明 白っぽい水牛の角を使った大変美しい高級印材です。 『ふ』と呼ばれる模様が入っている物の中では最高ランクの物で耐久性も高い印材です。牛角のカラーは白い飴色のものから深いグレーのものまで多数存在し、天然素材の中ではバリエーションが多い印材です。
素材 象牙
イメージ 象牙
説明 象牙はいろいろな種類の印材の中でも最も朱肉のなじみが良く、使えば使うほど光沢がでる最高級の印鑑材料です。摩耗にとても強く、捺印した時の感触や残された印影を見た時に、これは全く違うものと思わせるだけの良さがあり、 その価値からも、一度作れば一生共にすることができる最高の品質を持っています。